赤松義村

あかまつよしむら ( akamatsu-yoshimura )
???? 〜 1521


赤松義村 年表



赤松義村。父は七条政資
赤松政則が男子に恵まれなかった為、 1489年政則の娘を娶り、 1496年政則の死後に家督を相続。
義村が幼いのをいいことに守護代の浦上則宗が権力を掌握。 第十代将軍足利義稙と、第十一代将軍足利義澄が争うと、 義澄側につき、 1511年船岡山義澄が敗れると、 義稙と和睦し、義澄の子を引き取る。
成人すると、権力欲の強い浦上村宗は、 1518年に居城の三石城に引きこもる。 これに対し赤松義村は1519年小寺則職らと共に出陣するが、 村宗の配下の宇喜多能家 (宇喜多直家の祖父)に敗北を重ねる。 それからは村宗の侵攻を許し、捕えられて隠居させられる。 そして1521年村宗に殺されてしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

赤松義村 グッズ

赤松義村 グッズ

赤松義村