明智光秀

あけちみつひで ( akechi-mitsuhide )
1528 〜 1582


明智光秀 年表



明智光秀。美濃国の生まれ。織田信長への謀反と、その後の 「三日天下」 が有名。明智十兵衛と呼ばれることも。
1568年ごろ越前の朝倉義景に仕え、 朝倉家には、足利義昭が上洛を頼って滞在。 しかし義景に上洛の意思は無く、そんな折、尾張に続き、美濃を治めだした 織田信長義昭を迎え入れようとする。 その時に光秀は細川藤孝と共に両者の間を取り持ち、 その後義昭信長に付き従い明智光秀も上洛。 翌1569年中川重政丹羽長秀羽柴(豊臣)秀吉らとともに京都奉行に任ぜられ、 また戦功もあり、1571年に近江坂本城主となる。
足利幕府が1573年に滅ぶと、明智光秀は信長の部将として仕え、 1575年からは丹波方面の侵攻を任される。 また、1577年松永久秀1578年荒木村重の謀反に従軍。 1579年丹波を征服。 翌1580年に丹波国を授かり、亀山城主になる。
明智光秀は教養も高く、徳川家康などの接待役を勤め、政治能力にも秀で、検地奉行も務める。
しかし、功績多い明智光秀に、 中国地方進行中の秀吉の援軍という、明智光秀がやるべきではない任が届く。 これまでも信長は明智光秀の進言への対応が良くなく、不遇な面が多々見られ、 そこでこの任の報せが入り、不満が爆発。 1582年六月二日未明、 京都本能寺に宿泊中の信長を急襲。
信長を自害させ、 行動を共にすることの多い細川藤孝筒井順慶らに呼びかけ、 今後の対応にとりかかろうとした矢先、中国遠征しているはずの秀吉の軍が押し寄せる。 虚を突かれた明智光秀は、細川筒井らを呼び寄せ、 山崎秀吉を迎え撃とうとするが、彼らが動くことは無く、 同年六月十三日、戦に破れ坂本城へ逃れる途中、近隣の農民に討たれ亡くなってしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す


楽天で明智光秀 グッズ

明智光秀 グッズ

明智光秀