朝倉景鏡

あさくらかげあきら ( asakura-kageakira )
???? 〜 1574


朝倉景鏡 年表



朝倉景鏡。朝倉義景に仕え、大野郡司を務める。
1564年、加賀一向一揆戦で総大将として出陣。 足利義昭を越前国へ迎え入れるときには、義景の代官を務める。
1570年織田信長が金ヶ崎城に侵攻すると、 近江国の浅井長政信長の退路を断とうとしたため退却すると、 総大将として追撃する。 1572年信長が近江国小谷城の前に虎御前山城を築くと、 浅井氏の援軍として派遣される。
しかし、1573年小谷城が包囲されると疲弊を理由に出陣を拒否。 義景が出陣するも敗れ、義景は景鏡の支援で再起を目指すが、 景鏡は義景を包囲し自害させ、その首と妻子を信長に差し出し降伏。
本領を安堵され、信長の一字を賜り土橋信鏡と改めるが、 1574年に一向一揆と対立し、平泉寺に籠もるも親子共々討ち取られた。

他の戦国武将歴史年表を探す

朝倉景鏡 グッズ

朝倉景鏡 グッズ

朝倉景鏡