足利義維

あしかがよしつな ( ashikaga-yoshitsuna )
???? 〜 1573


足利義維 年表



足利義維。第十一代将軍の義澄の子。 兄は第十二代将軍の義晴。 阿波国守護の細川之持の平島荘で庇護、養育される。
1527年波多野稙通三好元長軍は、 細川高国軍と桂川で対峙。 兄を擁する高国軍が敗れ、兄を連れて近江国坂本に逃れると、 元長細川晴元ら擁立されて堺に入り元服。 足利義維は堺公方と呼ばれるようになる。
しかし1532年元長晴元によって自害に追い込まれ、阿波国に戻る。 1553年三好義賢之持の子の持隆を暗殺すると、 1555年に周防国に移り、 1563年に阿波国に戻るが、足利義維は病にかかってしまう。
1565年三好三人衆松永久秀らによって、 第十三代将軍の義輝が暗殺されると、 1568年、子の義栄が第十四代将軍となり、 足利義維が後見するが、同年義栄が病で亡くなり、 足利義維も1573年十月八日に病で亡くなってしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

足利義維 グッズ

足利義維 グッズ

足利義維