馬場頼周

ばばよりちか ( baba-yorichika )
???? 〜 1546


馬場頼周 年表



馬場頼周。父は頼員。祖父の少弐頼経が始祖。 祖父の兄、少弐教頼の子、資元に仕える。
1530年田手畷の戦いにて、 龍造寺家兼らと共に杉興運の率いる大内軍を撃退。 1535年、再び大内軍が侵攻。 このとき龍造寺氏の援軍が無く敗れ、 資元が自刃。子の冬尚が跡を継ぐ。
以後も龍造寺氏少弐家に仕えるが、 1545年、 馬場頼周は過去の援軍の件と家兼の台頭から龍造寺氏の居城、 水ヶ江城を包囲。冬尚への謝罪を和議の条件にして誘い出し、 肥前国祇園原で六人の一族を討ち取り、首級を踏みつける。
しかし家兼は逃れ、1546年、 筑後国の蒲池鑑盛に支援され挙兵。 鍋島清房の妨害により馬場頼周は孤立し、 綾部城に戻る途中、元主家の千葉氏の追撃を受け討ち取られる。
馬場頼周の首級は家兼により丁重に葬られる。

他の戦国武将歴史年表を探す

馬場頼周 グッズ

馬場頼周 グッズ

馬場頼周