大宝寺義氏

だいほうじよしうじ ( daihouji-yoshiuji )
1551 〜 1583


大宝寺義氏 年表



大宝寺義氏。出羽国尾浦城主。本姓は武藤氏
上杉家の人質時代を経て家督を相続。 本庄繁長を通じて上杉氏と通じ、勢力を拡大。 1574年最上氏の内乱では最上義守を支持するが、 1578年上杉謙信が没すると一族が謀反。 鎮圧するも上杉家では家督争いが始まり上杉景虎を支持。
後盾を失い、1579年、馬や鷹を献上して織田信長に接近。 屋形号を許されるが、1582年信長は没してしまう。 その間も最上義光の勢力は拡大。度重なる戦役などにより悪屋形と呼ばれる程に領内支配が悪化。 そのため1583年、大宝寺義氏は家臣の謀反により尾浦城を包囲されて自刃してしまう。
領国を荘内といい、庄内地方の語源という。

他の戦国武将歴史年表を探す

大宝寺義氏 グッズ

大宝寺義氏 グッズ

大宝寺義氏