伊達晴宗

だてはるむね ( date-harumune )
1519 〜 1577


伊達晴宗 年表



伊達晴宗。陸奥国、稙宗の嫡男。
1533年、第十二代将軍、足利義晴から一字賜り伊達晴宗と名乗る。 1541年頃結城氏に嫁ぐ予定の岩城氏の娘、 久保姫を強奪して妻に迎える。
父が弟の実元を越後国の上杉氏に入嗣させようとすると反対し、 支配体制に反発する家臣らに擁されて1542年、 伊達晴宗は中野宗時などと父を襲撃して西山城に幽閉。父が救出されると対立し、 周辺を巻き込む天文の乱へと発展。 劣勢の中、父方の蘆名盛氏が寝返ると優勢となり、1548年、 第十三代将軍、足利義輝の仲裁により父が降伏して和睦。家督を継ぐ。
伊達晴宗は米沢城に本拠を移し、乱後の統制に尽力。 1553年には和睦に反対する懸田氏を没落させる。 父同様の婚姻などによる外交で勢力を強め、1555年、奥州探題に任じられるが、 中野氏親子の権力が強まり、嫡子、輝宗と対立。 1564年に隠居して家督を譲るが、実権を握り続ける。

他の戦国武将歴史年表を探す

伊達晴宗 グッズ

伊達晴宗 グッズ

伊達晴宗