伊達政宗

だてまさむね ( date-masamune )
1567 〜 1636


伊達政宗 年表



伊達政宗。米沢城主伊達輝宗の長男。幼名梵天丸。 伊達政宗は幼少の頃に天然痘にかかり右目を失明。 「独眼竜」と呼ばれる。
1577年に元服。 1579年に三春城主田村清顕の娘、 愛姫(めごひめ)と結婚。 1584年に家督を継ぐが、 政宗親子と兵を構える二本松(畠山)義継が講和をおこなうため、 翌年十月八日、父輝宗の陣営を訪れる。 そこで暗殺を察し義継が陣営を去る際、輝宗を拉致。 政宗は追撃するが、伊達勢の銃撃で義継と共に父を亡くしてしまう。
その後、伊達政宗は1588年に二本松領。 1590年郡山合戦(田村)1591年摺上原の合戦にて 蘆名盛重を敗走させ、 積極的に領土を拡大するが、時は既に豊臣秀吉の天下統一間近まで迫り、 翌1592年小田原攻めの遅参も影響し、所領の一部を没収。 伊達政宗は思うように版図を拡げられなくなってしまう。 また、1593年には 自ら仕組んだ大崎 葛西の一揆により更に所領を減らされ、 代わりに大崎 葛西らの旧領を賜る。
秀吉の死後、 伊達政宗は徳川家康の子松平忠輝と長女を婚約させ、 家康に接近。 関ヶ原の戦いでも家康の東軍に参軍し、 西軍の上杉氏を攻める。 その甲斐もあり伊達政宗は六十二万石の大名、仙台藩の藩主となる。
戦国時代が終わり、翌1601年からの伊達政宗は、仙台城ならびその城下や、神社、仏閣の建設。 更には治水工事など、仙台藩の基盤を二十五年の年月をかけて整え、 また、幕府の支持のもと、ローマ、スペイン、メキシコに支倉常長を派遣。 南蛮貿易の確立を目指すが、うまくいかなかった。
伊達政宗は若いときは領土拡大に躍起になり、 秀吉家康に対しても無茶をするが、 家康が亡くなってからは領地の繁栄に力を注いだ。

他の戦国武将歴史年表を探す


楽天で伊達政宗 グッズ

伊達政宗 グッズ

伊達政宗