支倉常長

はせくらつねなが ( hasekura-tsunenaga )
1571 〜 1622


支倉常長 年表



支倉常長。父は山口常成伊達政宗に仕える。
跡継ぎのいない父の兄、時正の養子となるが跡継ぎが誕生。 政宗の命により知行を二分して六百石を与えられて分家。主な戦に従軍。
幕府はメキシコとの通商を望み、領有するスペイン国王の許可を得るため、 フランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを副使として支倉常長の慶長遣欧使節を派遣。 1615年、 スペイン国王フェリペ三世に謁見するも良い返事は得られず、 ローマにて教皇パウロ五世に謁見して協力を得るが、 再び国王と交渉するも日本でのキリシタン弾圧もあり叶わず1620年に帰国する。

他の戦国武将歴史年表を探す

支倉常長 グッズ

支倉常長 グッズ

支倉常長