畠山稙長

はたけやまたねなが ( hatakeyama-tanenaga )
???? 〜 1545


畠山稙長 年表



畠山稙長。父は尚順。尾州家。 弟に長経政国
祖父の代から総州家と家督を争う。 管領の細川高国と結び、父から家督を譲られるが、 1520年、父の紀伊国での支配強化に家臣が離反。 追放され、畠山稙長が擁立されて当主となるが、 総州家の義英に河内国高屋城が攻められて落城。 すぐに取り返す。
高国の内紛により高屋城を落とされ、 1531年高国は敗れて自害。 畠山稙長は勢力回復を画策するも1534年、河内国守護代、 遊佐長教により追放され、 長経が擁立されるが、思い通りにならず暗殺されてしまう。 1541年長教と和睦して当主に復帰。 1543年高国の養子、 細川氏綱が挙兵するとこれに協力する。

他の戦国武将歴史年表を探す

畠山稙長 グッズ

畠山稙長 グッズ

畠山稙長