平岩親吉

ひらいわちかよし ( hiraiwa-chikayoshi )
1542 〜 1611


平岩親吉 年表



平岩親吉。父は親重。三河国の生まれ。
平岩親吉は徳川家康の人質時代から仕え、独立後も転戦して功をあげ、 私欲無く厚く信頼され、家康の嫡男、松平信康の傅役となるが、 1579年信康は切腹させられてしまう。
平岩親吉はその責を感じて謹慎。のちに家康に許されて再び仕える。文武で功をあげ、 1590年家康が関東に入ると、上野国厩橋城三万三千石を与えられる。 1600年関ヶ原の戦いの後、甲斐国甲府城六万三千石を与えられ、 家康の九男、徳川義直が甲斐国に封じられると補佐役に任じられ、 1607年義直の尾張国転封に従い、犬山藩主となる。

他の戦国武将歴史年表を探す

平岩親吉 グッズ

平岩親吉 グッズ

平岩親吉