一柳直末

ひとつやなぎなおすえ ( hitotsuyanagi-naosue )
1546 〜 1590


一柳直末 年表



一柳直末。美濃国の土豪、直高の嫡男。
織田信長の家臣、 羽柴秀吉(豊臣秀吉)に仕え、黄母衣衆、大母衣衆として活躍。 各地を転戦して功をあげて加増され、1584年小牧、 長久手の戦いにて美濃国竹鼻城を攻め落として城主となり三万石。
豊臣秀次に付けられてからも転戦。知行は六万石まで加増され、 1590年小田原征伐にも従軍するが、 三月二十九日の伊豆国山中城攻めにて銃弾にあたり戦死してしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

一柳直末 グッズ

一柳直末 グッズ

一柳直末