北条綱成

ほうじょうつなしげ ( hojo-tsunashige )
1515 〜 1587


北条綱成 年表



北条綱成。父は今川氏の家臣、福島正成とされる。
父が討たれてしまうと、北条氏綱を頼る。 気に入られて氏綱の娘を娶り、一字与えられて綱成と名乗る。
北条氏康の弟で二代目玉縄城主、北条為昌を後見。 1542年為昌が没してしまうと綱成が養子となり玉縄城主となる。
武勇に優れ、氏康にも仕えるが、1545年、 河越城を守備中に山内上杉氏扇谷上杉氏、 古川公方足利氏らの大連合軍に包囲されてしまう。わずか三千の兵で河越城に籠城。半年余り耐え抜き、 今川氏との戦いを収めた氏康の軍の夜襲による大勝利へと導くと、 河越城主も任され、上杉謙信里見氏武田氏との戦いなど転戦。 1571年氏康が没すると、 綱成は氏繁に家督を譲り隠居。出家して上総入道道感と号する。
五色備えでは黄備えを担当。黄色に八幡大菩薩の旗印から「地黄八幡」と称される。

他の戦国武将歴史年表を探す

北条綱成 グッズ

北条綱成 グッズ

北条綱成