北条氏直

ほうじょううじなお ( hojo-ujinao )
1562 〜 1591


北条氏直 年表



北条氏直。小田原北条氏五代目当主。氏政の嫡男。 母は武田信玄の娘、黄梅院。 弟に太田氏房など。
1568年武田氏駿河侵攻により、 今川氏真が没落。氏真が妻の実家である北条氏を頼り、 1569年、氏直が猶子に迎えられ、家督を相続。駿河国の領有権を得る。
1580年、北条氏直は家督を譲られて当主となるが、実権は父が握る。 1582年織田信長が没すると氏直は大軍を率いて織田家臣、 滝川一益の軍を神流川にて破り上野、信濃の国へと侵攻。 北条氏直は真田氏木曽氏などを支配下に加えて甲斐国に侵攻し、 徳川家康の軍と対峙するが、 真田氏木曽氏の離反により連絡を断たれて別動隊が敗退。 家康と和睦。 同盟を結んで北条氏直は家康の娘、督姫を妻に迎える。
その後、関東に勢力を拡げるが、中央では豊臣秀吉の勢力が拡大。 1587年には秀吉により私闘を禁止されてしまい、 氏直は決戦を意識して軍備を増強しつつ一族の北条氏規を上洛させて交渉を行うが、 上洛命令には応じず、1590年、 家臣の猪俣邦憲真田氏の名胡桃城を奪取。 これが私闘禁止の違反とされ、小田原征伐を招くと小田原城に籠城。 支城の落城や包囲などにより三か月後、北条氏直は自身の切腹による城兵の助命を引き換えに降伏。
家康の縁者ということもあり助命され、一族や家臣と共に高野山に入る。 1591年に許され、秀吉から一万石与えられるが、北条氏直は病没してしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

北条氏直 グッズ

北条氏直 グッズ

北条氏直