北条氏規

ほうじょううじのり ( hojo-ujinori )
1545 〜 1600


北条氏規 年表



北条氏規。父は氏康。 兄に氏政氏照氏邦。 弟に上杉景虎など。
幼少期は駿河国の今川義元へ人質として駿府に送られる。 同じく人質の徳川家康と親交があったという。
北条氏規は相模国三崎、伊豆国韮山の城主を任されて武田氏の侵攻を防ぎ、 外交に秀で、武田氏や越後国の上杉氏織田氏徳川氏の他、 伊達氏蘆名氏などの取次に務める。
中央で豊臣秀吉の勢力が拡大すると当主、 氏直に代わり上洛して和睦に努めるが、1590年小田原征伐が始まると北条氏規は韮山城に籠城。 大軍を相手に寡兵で善戦するが、家康の説得に応じて降伏。 氏政氏直に降伏をすすめ、 小田原城開城後は氏直らと共に高野山に入る。
のちに秀吉に許されて河内国丹南、河内の郡に六千九百八十石を与えられ、狭山城主となる。

他の戦国武将歴史年表を探す

北条氏規 グッズ

北条氏規 グッズ

北条氏規