北条氏照

ほうじょううじてる ( hojo-ujiteru )
1540 〜 1590


北条氏照 年表



北条氏照。父は氏康。 兄に氏政。弟に氏邦氏規上杉景虎など。
武蔵国滝山城主、大石定久の娘を妻に迎えて養子、家督を継いで大石源三や由比源三と名乗る。
上杉謙信に従う三田氏辛垣城を攻略。 1568年には武田氏の侵攻を滝山城にて防ぐが苦戦。 これにより北条氏照は1571年から八王子城の築城を開始。
外交では奥州の伊達氏蘆名氏。 下野国の古川公方足利氏などと密に通じ、 1574年には簗田氏関宿城を攻略するが、 1578年、越後国で家督争いが起り、 北条氏照は弟の景虎を支援するため氏邦と共に侵攻するが、 対する上杉景勝方の坂戸城攻略に失敗。 景虎を失ってしまう。
1582年織田信長の没後、 織田家臣、滝川一益を追い出して甲斐、信濃の国に侵攻。 1587年に八王子城が完成。1590年豊臣秀吉による小田原征伐が始まると、 北条氏照は八王子城を家臣に任せて小田原城に籠城。 開城後、主戦派とみなされ、北条氏照は兄の氏政と共に切腹を命じられてしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

北条氏照 グッズ

北条氏照 グッズ

北条氏照