本多正信

ほんだまさのぶ ( honda-masanobu )
1538 〜 1616


本多正信 年表



本多正信。父は俊正
三河国の徳川家康に仕えるが、 1563年の三河国一向一揆にて一揆側に加担。 一揆が鎮圧されると大和国の松永久秀に仕えてのち流浪。
徳川氏への帰参を許され、 1582年本能寺の変の後の甲斐、信濃の国の統治などに活躍。 1590年家康が関東に入ると、相模国玉縄にて一万石与えられる。
1598年豊臣秀吉の没後、 家康に天下を取らせるために参謀として度々献策。 1600年関ヶ原の戦いでは、 徳川秀忠の軍に従い本戦に遅参。 その後も家康の下で献策し、 1605年秀忠が将軍となると、 1607年秀忠付の年寄となる。

他の戦国武将歴史年表を探す

本多正信 グッズ

本多正信 グッズ

本多正信