本願寺実如

ほんがんじじつにょ ( honganji-jitsunyo )
1458 〜 1525


本願寺実如 年表



本願寺実如。真宗本願寺の第八世、蓮如の五男。
当時は零落して延暦寺の傘下にあり、父の努力により門徒が増加していくが、これにより延暦寺と対立。 1467年に延暦寺に降伏した際、 後継者の兄、順如の朝廷や幕府との繋がりを危惧され、廃嫡を求められる。 しかし勢力の回復と共に有耶無耶となるが、1483年に兄が亡くなってしまう。
1489年、父の隠退により実如が第九世となり門徒の統率に尽力。 1511年には親鸞の二百五十回忌を行うが、 1521年、子の円如が亡くなってしまい、 孫の証如を後継者とする。

他の戦国武将歴史年表を探す

本願寺実如 グッズ

本願寺実如 グッズ

本願寺実如