本願寺准如

ほんがんじじゅんにょ ( honganji-junnyo )
1577 〜 1630


本願寺准如 年表



本願寺准如。真宗本願寺第十一世、顕如の三男。
1570年、父が織田信長「仏敵」として、全面戦争を開始するが、1580年正親町天皇の仲裁により信長と和議。父と共に紀伊国に移る。 これに対して兄の教如は徹底抗戦を主張して義絶。1582年本能寺の変信長が没すると和解し、 1592年、父の跡を継ぐが、内紛が起こり、1593年豊臣秀吉の命により准如が住職となり、次兄の顕尊に助けられる。
秀吉の没後、 教如徳川家康により京都堀川の寺院より東側の京都七条烏丸に分立。 これにより「西本願寺」と称される。

他の戦国武将歴史年表を探す

本願寺准如 グッズ

本願寺准如 グッズ

本願寺准如