堀秀政

ほりひでまさ ( hori-hidemasa )
1553 〜 1590


堀秀政 年表



堀秀政。秀重の長男。
美濃国で生まれ、一向宗の僧である父の兄の下で父の姉の子である直政と共に育てられたという。
堀秀政は織田信長の小姓として奉行職に務めるが、 1575年越前国一向一揆や、 1577年紀伊国雑賀一揆1578年荒木村重の討伐戦などに従軍して活躍。 近江国坂田郡に二万五千石与えられる。
1582年の甲斐国、 武田氏攻めで堀秀政は信長に従い、 さらに備中国の羽柴秀吉の下へと向かう。 本能寺の変による信長の没後、 堀秀政は秀吉に従い山崎の戦いにて先陣を務めて功をあげ、 1583年柴田勝家との戦いの後、近江国佐和山城主となる。
1584年小牧、長久手の戦いでは味方が敗走する中、 堀秀政は徳川家臣、榊原康政大須賀康高の軍を破り、 1585年紀州征伐四国征伐に従軍。 功をあげて越前国北ノ庄十八万石を与えられて村上義明溝口秀勝を与力として付けられ、 1587年九州征伐にも従軍。 1590年小田原征伐にも従軍するが、陣中にて病没してしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

堀秀政 グッズ

堀秀政 グッズ

堀秀政