堀尾忠氏

ほりおただうじ ( horio-tadauji )
1578 〜 1604


堀尾忠氏 年表



堀尾忠氏。堀尾吉晴の二男。
1590年、 兄の金助小田原征伐の陣中で没してしまい、世子となる。 徳川秀忠から一字賜り忠氏と名乗り、1599年、 父から家督を譲られて遠江国浜松城主十二万石を相続。父は越前国府中に五万石の隠居料を与えられる。
1600年関ヶ原の戦いでは、 徳川家康の東軍に属し、 前哨戦での武功を賞されて父の隠居料も含めて出雲国松江二十四万石に加増移封。 初代藩主として藩政に努めるが、1604年に没してしまう。
父が国政を担い、後見されて子の忠晴が跡を継ぐが、跡継ぎが無く断絶してしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

堀尾忠氏 グッズ

堀尾忠氏 グッズ

堀尾忠氏