細川ガラシャ

ほそかわがらしゃ ( hosokawa-gratia )
1563 〜 1600


細川ガラシャ 年表



細川ガラシャ。名は玉子。明智光秀の三女。
1563年、越前国にて生まれ、1578年忠興に嫁ぎ、1579年に嫡男、 忠隆をもうけるが、1582年に父が謀反。 本能寺にて信長を殺害すると、 1584年まで一時幽閉される。この期間に二男、興秋を出産。
キリスト教に興味を示し、1586年、三男、 忠利を出産後の1587年、 侍女、清原マリアにより洗礼。伽羅奢の名を授かる。
1600年関ヶ原の戦い。 夫が徳川家康の東軍に属すと西軍方が屋敷に迫るが、人質になるのを拒否して自害する。

他の戦国武将歴史年表を探す

細川ガラシャ グッズ

細川ガラシャ グッズ

細川ガラシャ