細川持隆

ほそかわもちたか ( hosokawa-mochitaka )
???? 〜 1553


細川持隆 年表



細川持隆。父は讃州家当主、之持
1512年に父の跡を継いで家督を継いだとされ、阿波守護となる。
嫡流である京兆家では家督争いの最中で、父の弟の子の晴元をよく援け、 1531年、敵対する高国を討つ。
1539年、 播磨国守護の赤松政村の要請を受けて出雲国の尼子晴久と戦うも敗退。 その後、晴元とその家臣、三好長慶との関係が悪化し、 1549年晴元が敗れると、1553年長慶の弟、三好義賢に殺害されてしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

細川持隆 グッズ

細川持隆 グッズ

細川持隆