細川元常

ほそかわもとつね ( hosokawa-mototsune )
1482 〜 1554


細川元常 年表



細川元常。父は和泉国半国守護、和泉上守護家の元有。弟に三淵晴員
1500年畠山尚順に居城、 岸和田城を攻められて落城。父が戦死してしまい、家督を継ぐ。
1507年、嫡流の京兆家当主、政元が殺害され、 政元の養子たちによる家督争いが起こると、 元常は細川澄元を支持して細川高国と対立。 敗れて守護職を罷免され、1511年船岡山の戦いにも敗れ、 元常らは阿波国に逃れる。
澄元が没するとその嫡子、細川晴元を支持。 1531年高国を敗死させると元常は和泉国守護に復し、 1540年以降、高国の養子、 氏綱が挙兵するとこれと戦うが、 三好長慶氏綱方に寝返ると敗れ、 第十三代将軍、足利義輝晴元と共に近江国に逃れる。

他の戦国武将歴史年表を探す

細川元常 グッズ

細川元常 グッズ

細川元常