細川尹賢

ほそかわただかた ( hosokawa-tadakata )
???? 〜 1531


細川尹賢 年表



細川尹賢。父は野州家の春倶。典厩家当主、政賢の養子となる。
嫡流の京兆家では養子間で家督争いが起こり、 澄元と父の兄の子の高国に分かれて争う。 1511年船岡山の戦いにて養父が戦死すると、 細川尹賢は高国に許されて典厩家を継いで属す。
1526年、 細川尹賢は高国に讒言して香西元盛を殺害すると、 元盛の兄、 波多野稙通柳本賢治が丹波国で挙兵。 命により細川尹賢が攻めるが敗れ、さらに澄元の子の晴元と、 三好元長も阿波国で挙兵。合流軍と桂川にて敗れ、 高国や第十二代将軍、足利義晴と共に近江国に逃れる。
1528年高国と京都奪回を図り失敗すると細川尹賢は晴元に寝返り、 1531年、 摂津国天王寺にて高国を敗死させるが、 晴元と不和になり、木沢長政に攻められて摂津国にて戦死する。

他の戦国武将歴史年表を探す

細川尹賢 グッズ

細川尹賢 グッズ

細川尹賢