福原長堯

ふくはらながたか ( hukuhara-nagataka )
???? 〜 1600


福原長堯 年表



福原長堯。直高とも。妻は石田三成の妹。
豊臣秀吉に仕え、1587年の京都、北野大茶会の奉行を務め、 1592年文禄の役では、 肥前国名護屋城にて後備衆の一人として二の丸を守備する。 福原長堯は1593年、豊臣家蔵入地、播磨国三木郡の代官を務め、 1594年の伏見城工事などを務めて但馬国豊岡城主二万石に任じられる。
翌年に一万石加増され、 豊臣秀次が高野山で自刃させられる際に福原長堯は福島正則池田秀氏と共に検使役を務める。 1597年に豊後国府内城主として大分、速水、玖珠の郡内を加増されて十二万石与えられ、 慶長の役で福原長堯は目付役として朝鮮に渡海。
1598年秀吉の没後、 福原長堯は豊臣秀頼の小姓頭のひとりとなるが、1599年徳川家康に朝鮮での諸将との対立などを咎められて六万石に減封。 1600年関ヶ原の戦いで福原長堯は西軍に属し、 美濃国大垣城を守備するが、西軍の敗北を知り降伏。伊勢国朝熊山に移されて自害させられてしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

福原長堯 グッズ

福原長堯 グッズ

福原長堯