茨木長隆

いばらきながたか ( ibaraki-nagataka )
???? 〜 ????


茨木長隆 年表



茨木長隆。摂津国の国人。細川晴元に仕える。
1531年三好元長木沢長政らと共に細川高国を自害させるが、 晴元元長と対立。 これに対し茨木長隆は三好政長長政と組み、 1532年、一向一揆とも結んで元長を攻め、自害させる。
しかし一向一揆との関係が悪化。 そこで法華一揆と結び、山科本願寺の一向一揆を追放するが、今度は法華一揆の関係が悪化。 1536年に法華一揆を弾圧し、細川氏の京都での地位が安定する。
その後も晴元の代官として活躍するが、 次第に晴元側と摂津国人衆との関係が悪化し、 摂津国人衆は元長の子の長慶の下へと集まると、 1549年長慶細川氏綱を擁立。 摂津国江口の戦い政長が敗死し、 長慶方が勝利。茨木長隆は没落してしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

茨木長隆 グッズ

茨木長隆 グッズ

茨木長隆