一条兼定

いちじょうかねさだ ( ichijo-kanesada )
1543 〜 1585


一条兼定 年表



一条兼定。父は土佐国中村御所の四代目、房基。 母は豊後国の大友義鑑の娘。
1549年に父が突如自害し、 祖父の弟で関白の房通の後見もあり、家督を相続。 一条兼定は1552年に従三位に叙任。 1558年、伊予国の宇都宮豊綱の娘を娶り、 1564年大友宗麟の娘を娶る。
1568年、 一条兼定は豊綱と伊予国の西園寺公広を攻めるが、 公広河野氏毛利氏の後援を受け大敗。1569年、 義弟の安芸国虎と共に台頭著しい土佐国の長宗我部元親に対抗するが、 国虎は敗れ自害。 また、無実の重臣、土居宗珊を殺害と失政が続き、 1573年、家臣の合意で子の内政に家督を譲らされ、隠居。 1574年大友氏を頼り、豊後国臼杵に移る。
同年、キリスト教に入り洗礼して「ドン・パウロ」となり、 旧領回復を試みるが失敗に終わる。

他の戦国武将歴史年表を探す

一条兼定 グッズ

一条兼定 グッズ

一条兼定