一条教房

いちじょうのりふさ ( ichijo-norihusa )
1423 〜 1480


一条教房 年表



一条教房。公卿。兼良の長男。
1437年に元服。1457年に左大臣、 1458年に関白に叙任されるが、1463年に関白を辞職する。
1467年応仁の乱が勃発すると、 奈良興福寺大乗院で門跡となっている弟の尋尊の下に身を寄せるが、 1468年に父も訪れた為、家領の土佐国幡多郡中村に下向する。
1469年に長男の政房が応仁の乱に巻き込まれ亡くなってしまうが、 土佐国で中村御所の基盤を作り、二男の房家が大名化することになる。

他の戦国武将歴史年表を探す

一条教房 グッズ

一条教房 グッズ

一条教房