井伊直勝

いいなおかつ ( ii-naokatsu )
1590 〜 1662


井伊直勝 年表



井伊直勝。徳川四天王のひとり直政の長男。
1602年、父の跡を継いで近江国佐和山藩主となり、直継と名乗る。 佐和山城はもとは石田三成の居城で、父の死に関しても亡霊説が出ていたこともあり、 徳川家康の命で1603年、彦根城の築城に取り掛かり、 1606年に完成。居城を彦根城に移し、佐和山城を廃城とする。
当時若年であり、病弱であるが為に家臣がまとまらず内部分裂。 そこで家康は武田旧臣を弟の直孝に配属。 1614年1615年大坂の冬、夏の陣では病の為、 弟を名代として出陣させる。それもあり家康は十八万石の知行のうち、 弟を彦根藩主とし、十五万石。直継を上野国安中藩主とし、三万石を与える。このときに名を井伊直勝と改める。
井伊直勝は1632年に長男の直好に家督を譲り隠居。 長男が1645年に三河国西尾藩。 1659年に遠江国掛川藩に移封されると、これに従った。
1659年に弟が亡くなるが、 井伊直勝は病弱の割には1662年まで生き抜いた。

他の戦国武将歴史年表を探す

井伊直勝 グッズ

井伊直勝 グッズ

井伊直勝