井伊直孝

いいなおたか ( ii-naotaka )
1590 〜 1659


井伊直孝 年表



井伊直孝。徳川四天王のひとり直政の二男。
1602年、兄の直継が父の跡を継いで近江国佐和山藩主なる。 しかし、兄も当時若年であり、病弱であるが為に家臣がまとまらず内部分裂。 そこで徳川家康から武田旧臣を配属される。
1603年、二代将軍の徳川秀忠に仕え、 1606年に五千石。1608年に一万石を賜る。 1614年1615年大坂の冬、夏の陣では病の兄の名代として出陣。 それもあり家康は兄の治める十八万石の知行のうち、 井伊直孝を彦根藩主とし、十五万石。兄を上野国安中藩主とし、三万石を与える。
その後、従四位下と侍従を叙任し、五万石加増され、 1617年1633年にも五万石ずつ加増され、知行が三十万石となる。 三代将軍の徳川家光からの信頼も厚く、大老として活躍する。 墓所は世田谷の豪徳寺にあるという。
ちなみに、桜田門外の変で暗殺される大老の井伊直弼は直孝の子孫である。

他の戦国武将歴史年表を探す

井伊直孝 グッズ

井伊直孝 グッズ

井伊直孝