池田勝正

いけだかつまさ ( ikeda-katsumasa )
???? 〜 ????


池田勝正 年表



池田勝正。摂津国池田城主、長正の長男。
1563年に父の跡を継ぐ。 1566年三好三人衆松永久秀が対立。 戦争にまで発展すると、池田勝正は三好三人衆に加担。
一進一退の状況の中で1568年織田信長足利義昭を奉じて上洛。 久秀の対応が素早く、他の豪族らも降伏する中、 勝正は徹底抗戦するが、圧倒的な軍事力に降伏。 しかし信長に能力を高く評価され、本領安堵どころか加増。 伊丹親興和田惟政と共に摂津国を任され、 池田勝正らは「摂津三守護」と称される。
翌1569年信長が岐阜に戻ると、 三好三人衆により義昭が襲撃されるが、 細川藤孝三好義継らと共に撃退。 1570年金ヶ崎の戦いでは、 明智光秀らと共に殿を務め、信長を無事に逃がした。
しかし同年、 一族の荒木村重や弟の知正三好三人衆に寝返り、 勝正は池田城を追放されてしまう。 それらの押さえとして信長から原田城主に任じられ、 藤孝と共に各地を転戦する。

他の戦国武将歴史年表を探す

池田勝正 グッズ

池田勝正 グッズ

池田勝正