池田知正

いけだともまさ ( ikeda-tomomasa )
???? 〜 1603


池田知正 年表



池田知正。摂津国池田城主、長正の二男。重成とも。
1570年、 知正は一族の荒木村重と共に三好三人衆に寝返り、 当主の勝正を池田城から追放し、 1571年織田信長の家臣、 和田惟政を敗死させる。
1573年信長と第十五代将軍、 足利義昭の関係が悪化すると、 細川藤孝の説得を振り切り義昭に加担し、没落。 そのため村重に一族を乗っ取られ摂津国から追放。 同年村重信長に降伏するとその家臣となる。
しかし1579年村重信長に謀反。 知正の妻子は尼崎七松で処刑されてしまう。 村重が妻子、一族もろとも見捨ててひとりで逃亡すると、 その後は羽柴秀吉に仕え、 摂津国豊島郡に二千七百石与えられ、 1584年小牧、長久手の戦い1587年九州征伐に従軍。
1600年関ヶ原の戦いでは、 下野国の小山評定から徳川家康に従い、戦後に五千石に加増される。

他の戦国武将歴史年表を探す

池田知正 グッズ

池田知正 グッズ

池田知正