池田恒興

いけだつねおき ( ikeda-tsuneoki )
1536 〜 1584


池田恒興 年表



池田恒興。幼名は勝三郎。 母の養徳院織田信長の乳母という縁もあり、 池田恒興は幼少から乳兄弟、信長の小姓として仕える。
池田恒興は1560年桶狭間の戦いや、 その後の美濃攻略1570年姉川の戦い1571年比叡山焼き討ちや、 1575年長篠の戦いなど、 信長の主だった戦にすべて従軍。各地を転戦する。
1580年荒木村重が謀反を起こすと、 摂津国花隈城を攻め、村重の旧領を賜る。 1582年甲州征伐に従軍するが、摂津国に戻ると、 同年本能寺の変が勃発。 池田恒興は羽柴秀吉と合流し、 山崎の戦い明智光秀を破る。 その後の清洲会議で秀吉柴田勝家丹羽長秀と共に「四宿老」となるが、 主導権は秀吉が握り、 後継者の違いで勝家は対立していく(神戸信孝を推挙)
1583年賤ヶ岳の戦いで、 秀吉勝家に勝利すると、 池田恒興は信孝の旧領、美濃国大垣城主となり、十三万石を賜る。 1584年小牧、長久手の戦いでも秀吉に従うが、 対する徳川家康の本拠地三河国を攻めようと進軍中に戦死。 長男の元助も討死してしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す


楽天で池田恒興 グッズ

池田恒興 グッズ

池田恒興