伊木忠次

いきただつぐ ( iki-tadatsugu )
1543 〜 1603


伊木忠次 年表



伊木忠次。
はじめ織田信長に仕えて、 美濃攻めで活躍する。 それからは池田恒興に仕えるが、 1584年小牧、長久手の戦いにて、 恒興とその長男の元助が敗死。 この失態により池田家滅亡の危機に陥るが、 羽柴秀吉に二男の輝政の相続を働きかけ、認めさせる。
1600年関ヶ原の戦いでは東軍として参戦。 1601年輝政は播磨国姫路五十二万石を賜り、 筆頭家老として三木城に三万石を与えられる。

他の戦国武将歴史年表を探す

伊木忠次 グッズ

伊木忠次 グッズ

伊木忠次