生駒親正

いこまちかまさ ( ikoma-chikamasa )
1526 〜 1603


生駒親正 年表



生駒親正。美濃国可児郡土田の生まれ。父は親重
1566年、 生駒親正は織田信長美濃攻略の時に仕える。 その後、羽柴秀吉に従い、 1575年長篠の戦いや、 石山本願寺攻め紀伊国雑賀攻めに参陣し、 知行一千石を賜る。
1582年本能寺の変信長が亡くなると、 生駒親正は秀吉に仕え、 同年山崎の戦いや、 1583年賤ヶ岳の戦いなどに参陣し、 1585年に近江国高島二万石、 1586年には播磨国赤穂六万石を賜り、 1590年小田原の役や、 1592年文禄の役に従軍する。
生駒親正は1595年に讃岐国一国十七万一千八百石を賜り、高松城主となるが、 元讃岐領主の十河存保の子を毒殺して、存保の遺領を押収。 さらに一族の三好氏を弾圧して十河氏の復興を阻止する。 この頃、生駒親正は中村一氏堀尾吉晴と共に 「三中老」に任じられる。
1600年関ヶ原の戦いで生駒親正は西軍に属し、 子の一正が東軍に属していたので、 所領は一正が継ぐことで安堵され、 1603年に高松城で亡くなった。

他の戦国武将歴史年表を探す

生駒親正 グッズ

生駒親正 グッズ

生駒親正