稲富祐直

いなどめすけなお ( inadome-sukenao )
1552 〜 1611


稲富祐直 年表



稲富祐直。砲術家。直家、一夢とも。丹後国の一色氏に仕える。 父は直秀
祖父の祐秀から砲術を学び、「稲富流砲術」を創始。 一色氏が滅びると細川忠興に仕える。 1597年慶長の役では、 蔚山城に籠もって活躍。
しかし1600年関ヶ原の戦いが起こると、 忠興の妻、ガラシャを人質にする為、 石田三成の軍勢が細川氏の屋敷に迫る。 人質になるまいとガラシャは自害。祐直はからくも脱出。 常に家臣に殉死を命じていた忠興は激怒し、殺されそうになるが、 徳川家康に砲術家として惜しまれ、 その後、松平忠吉徳川義直に仕えることになる。

他の戦国武将歴史年表を探す

稲富祐直 グッズ

稲富祐直 グッズ

稲富祐直