犬童頼兄

いんどうよりもり ( indou-yorimori )
1568 〜 1655


犬童頼兄 年表



犬童頼兄。父は頼安。肥後国の相良氏に仕える。
1581年島津の軍勢が水俣城を包囲すると父と共に籠城。 水俣城開城後、深水長智に才能を認められ後任の奉行にされるが、 長智の一族の竹下監物に反対され、 犬童頼兄は深水頼蔵と共に奉行を務める。
1592年文禄の役にて主君の相良頼房に従軍。 家老となり相良姓を与えられる。 1600年関ヶ原の戦いが起こると西軍が大敗したため、 東軍に寝返るように進言。これにより存続を許され、筆頭家老として国政を任される。
1636年頼房が亡くなると頼寛に仕えるが、 1640年頼寛が犬童頼兄の専横を幕府に訴え流罪が決定。 津軽に流されてしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

犬童頼兄 グッズ

犬童頼兄 グッズ

犬童頼兄