伊勢貞興

いせさだおき ( ise-sadaoki )
1444 〜 1509


伊勢貞興 年表



伊勢貞興。父は貞良。 先祖は代々足利氏に仕える政所執事の一族であるが、祖父の代に更迭させられる。
1562年に祖父と父が戦死し、 兄の貞為が病弱であるため家督を相続。 1568年足利義昭の上洛に伴い仕える。
1573年義昭織田信長によって京都を追放されると、 信長の家臣、明智光秀に仕える。 知勇兼備で武家故実に詳しいこともあり、 丹波攻略など光秀の主な戦いに転戦。 伊勢貞興は次第に軍の中核を担っていく。
1582年光秀信長に謀反。 本能寺の変を起こすと、信長の嫡男、 信忠の籠もる二条御所を攻め、自害させる。 その後の山崎の戦いにも参戦するが、殿を務めて討死。 家督は兄が継ぐことになる。

他の戦国武将歴史年表を探す

伊勢貞興 グッズ

伊勢貞興 グッズ

伊勢貞興