石田三成

いしだみつなり ( ishida-mitsunari )
1560 〜 1600


石田三成 年表



石田三成。近江坂田郡石田村の戦国時代の地侍石田正継の子。 石田三成は、十五歳頃、当時長浜城主羽柴秀吉(豊臣秀吉) に見出され、近侍。
石田三成は、戦など軍事の才は平凡だが、頭がよく、政治の才能があり、 次第に頭角を現し、1585年従五位治部少輔に叙任。 1586年からの三年間は、堺の奉行にも携わる。 その後石田三成は、常に秀吉の傍で政策を施行し、 秀吉の信頼も厚く、石田三成の権威も高まっていく。 また、秀吉の政策で有名な太閤検地は、三成の功績が大きく、その他の政策にも関与。
軍事面では、1587年九州征伐に従軍。 1590年小田原攻めでは忍城攻略の指揮をとり、 1592年朝鮮への侵攻に関しては、前線の武将の監察などもおこなう。
また、石田三成は1595年に近江佐和山城を与えられ、十九万四千石の知行を得る。 さらに1598年に五大老五奉行制がしかれ、石田三成は五奉行の筆頭となる。
石田三成のように、秀吉の元で成長した武将の中には 他に大谷吉継などもいるが、戦での戦功を誉とし、 それで領地を得ている福島正則加藤清正等とは仲が悪く、 秀吉没後の関ヶ原の戦いでは、 それが元で徳川家康方に組するものもいた。
1600年徳川家康は自らの天下統一のため、 上杉景勝討伐の兵を挙げ、会津へと向かうと、 豊臣家に大恩ある三成は、その隙を突くように挙兵。 毛利輝元を盟主に家康討伐の軍勢を差し向ける。 これを察知した家康は、近江方面へ引き返し、 同年九月十五日、美濃関ヶ原にて対陣。 当初は優勢に戦を進めるが、小早川秀秋家康方に付き、 形勢が逆転。敗れ、逃走するが、捕らえられ、十月一日、京都六条河原で処刑される。
墓所は大徳寺三玄院。

他の戦国武将歴史年表を探す


楽天で石田三成 グッズ

石田三成 グッズ

石田三成