石川丈山

いしかわじょうざん ( ishikawa-jozan )
1583 〜 1672


石川丈山 年表



石川丈山。三河国の生まれ。 代々徳川家康に仕える譜代の三河武士。
はじめ重之と名乗り武に長け、家康に近侍するが、 1615年大坂夏の陣で抜け駆けした罪で浪人となる。
1617年、 知人の林羅山の紹介で藤原惺窩に師事し、儒を学ぶ。 誘いがあっても仕官をしないでいたが、 母の療養費の為に紀州藩の浅野家に仕え、 1619年の広島転封に従う。
母が亡くなると致仕して帰京。 1641年、洛北の一乗寺に詩仙堂を建て、 中国の漢、晋、唐、宋の詩仙三十六人の選定し、 狩野探幽に肖像を描かせて掲げ、石川丈山は詩仙堂で三十余年過ごした。

他の戦国武将歴史年表を探す

石川丈山 グッズ

石川丈山 グッズ

石川丈山