石母田景頼

いしもだかげより ( ishimoda-kageyori )
???? 〜 ????


石母田景頼 年表



石母田景頼。父は守護代の石母田光頼。妻は桑折政長の妹。 陸奥国の伊達氏に代々重臣として仕える。
石母田景頼は伊達輝宗政宗の親子に従い転戦。 1590年小田原の役にて政宗が出陣すると、 留守を預かり、1592年文禄の役に従軍。 1593年政長が病死すると、後継者不在の為、 四歳の政長の娘を六歳で嫡子の重長に娶らせ桑折家を継がせ、 政長の父、宗長が後見する。
1601年宗長に代わり後見役となると、 家督を婿養子の宗頼に譲り、名を桑折景頼に改める。 1610年に嫡子が亡くなると跡を継ぎ、 1614年政宗の庶長子の秀宗を後見。 大坂冬の陣の後、秀宗が伊予国宇和島藩十万石に封じられると、 これに従い筆頭家老として仕えることになる。

他の戦国武将歴史年表を探す

石母田景頼 グッズ

石母田景頼 グッズ

石母田景頼