以心崇伝

いしんすうでん ( ishin-suuden )
1569 〜 1633


以心崇伝 年表



以心崇伝。足利義輝の家臣、 一色秀勝の二子。
父が亡くなると南禅寺に入り玄圃霊三に師事。 さらに醍醐三宝院や相国寺の西笑承兌に学び、 南禅寺金地院の靖叔徳林に嗣法。 1594年に住職資格を得ると、福厳寺や禅興寺、建長寺の住職となり、 1605年、以心崇伝は南禅寺二百七十世の住職となる。
1608年、以心崇伝は徳川家康に招かれ駿府に赴き、 西笑承兌の後任で外交文書の書記を務め、次第に頭角を現し、幕政に関わるようになる。 以心崇伝は「キリスト教の廃止」「寺院諸法度」「武家諸法度」などの制定に関わり、 大坂の陣の発端といわれる無理難題 「方広寺鐘銘事件」を起こす。
1616年家康が亡くなると、 家康の神号を巡り天海と争い以心崇伝は敗れるが、 1619年に僧録となる。
「黒衣の宰相」と呼ばれる辣腕の以心崇伝は、 その強引な政策で世人から 「大欲山気根院僭上寺悪国師」と呼ばれるほど人気が無く、 著書には「本光国師日記」「本光国師法語」「異国日記」などがある。

他の戦国武将歴史年表を探す


楽天で以心崇伝 グッズ

以心崇伝 グッズ

以心崇伝