板倉勝重

いたくらかつしげ ( itakura-katsushige )
1545 〜 1624


板倉勝重 年表



板倉勝重。三河国の松平好景に仕える好重の二男。 幼少時に出家して永安寺の僧となる。
1561年好景と父が討死。 弟の定重が家督を継ぐも1581年に討死してしまい、 徳川家康の命により還俗して家督を継ぐ。
1586年家康が駿府に移ると駿府町奉行となり、 1590年家康が関東に入ると、 関東代官、江戸町奉行となる。 1601年には京都町奉行となり、 京都の治安維持、朝廷や公家、豊臣家などの支配強化に努める。
1603年、江戸幕府が開かれると従五位下、伊賀守に叙任され、 1620年に子の重宗に家督を譲る。 名奉行として大変有名だった。

他の戦国武将歴史年表を探す

板倉勝重 グッズ

板倉勝重 グッズ

板倉勝重