伊東長実

いとうながざね ( itou-nagazane )
1560 〜 1629


伊東長実 年表



伊東長実。長次とも。父は尾張国岩倉の国人、長久織田信長に仕える。 日向国の伊東氏は遠縁にあたる。
1573年の近江国小谷城攻めに参陣。 このとき羽柴秀吉の下で戦い、長実は1576年に大母衣衆。 のちに馬廻組頭、黄母衣衆となる。
1582年本能寺の変の後は秀吉に仕え、 1590年小田原の役にも参陣。 翌1591年、伊東長実は備中国川辺に一万三百石を賜る。1592年1597年朝鮮派兵では肥前国名護屋城に在陣。
1600年石田三成徳川家康を討伐する兵を挙げると、 この挙兵を家康に伝える。 そのため1615年大坂の陣では豊臣方として参戦するが、 関ヶ原の戦いの功績により大名としての存続を許され、備中国岡田藩の初代藩主となる。

他の戦国武将歴史年表を探す

伊東長実 グッズ

伊東長実 グッズ

伊東長実