加須屋真雄

かすやさねお ( kasuya-saneo )
???? 〜 ????


加須屋真雄 年表



加須屋真雄。糟屋武則とも。賤ヶ岳七本槍のひとり。
1577年羽柴秀吉の小姓となり、 1582年山崎の戦いに従軍。 秀吉柴田勝家と対立し、 1583年賤ヶ岳の戦いが起こると活躍し、 七本槍のひとりに数えられ、播磨国などに三千石与えられる。
1584年小牧、長久手の戦いや、 1587年九州征伐1590年小田原征伐などに従軍するだけでなく、 加須屋真雄は行政面でも活躍。 1592年文禄の役にて加須屋真雄は、 新庄直忠らと共に朝鮮人の帰郷を促す訓令を行い、 1593年には晋州城の攻撃に参加する。 1594年、伏見城の普請にも参加し、一万二千石に加増される。
1600年関ヶ原の戦いが起こると、 西軍に属して伏見城を攻撃。本戦が敗れると失領してしまうが、 1602年には許され、加須屋真雄は五百石で徳川家に仕える。

他の戦国武将歴史年表を探す

加須屋真雄 グッズ

加須屋真雄 グッズ

加須屋真雄