加藤嘉明

かとうよしあき ( kato-yoshiaki )
1563 〜 1631


加藤嘉明 年表



加藤嘉明。賤ヶ岳七本槍のひとり。武勇に優れ、冷静な判断力から「沈勇の士」といわれる。 父は三河国の徳川氏に仕える教明
父が三河一向一揆に参加。そのため尾張国に流れて織田信長の家臣、 羽柴秀吉(豊臣秀吉)の小姓となる。 1583年賤ヶ岳の戦いで活躍。七本槍に選ばれる。 それからの加藤嘉明は水軍を率いて活躍。1585年四国征伐の後、 1586年に淡路志智城主として一万五千石を与えられ、 1587年九州征伐1590年小田原征伐においても水軍を率いて参陣。 1592年文禄の役では朝鮮水軍と戦う。 これらの功により加藤嘉明は伊予国松前城主として六万石を与えられる。
加藤嘉明は慶長の役でも活躍し、十万石に加増されるが、 1598年秀吉が亡くなると、 徳川家康に接近。 加藤嘉明は1600年会津征伐にも従軍し、 関ヶ原の戦いに発展するとそのまま東軍に属して、 美濃国の岐阜城大垣城攻めで功をあげ、 加藤嘉明は伊予国松山藩二十万石に加増され、 政治能力も高く、領内経営に務め、松山城の築城に取り掛かる。
1614年からの大坂の陣にも参陣。 1627年、加藤嘉明は会津藩四十万石に加増、転封される。

他の戦国武将歴史年表を探す

加藤嘉明 グッズ

加藤嘉明 グッズ

加藤嘉明