吉川元春

きっかわもとはる ( kikkawa-motoharu )
1530 〜 1586


吉川元春 年表



吉川元春。毛利元就の二男。母は吉川国経の娘。 兄は毛利隆元。弟に小早川隆景など。
はじめ毛利元春という。吉川興経が、 尼子氏大内氏の間で裏切りを繰り返し、 安芸国の国人や家臣の不信感が高まると、1547年吉川氏の家臣らの薦めで元春が養子に迎えられる。 同年には熊谷信直の娘を正室に迎え、 1550年、父らは興経を隠居させて元春を当主に据えると、 信直らに命じて暗殺。以後、主に山陰方面を担当する。
吉川元春は1555年厳島の戦いにて活躍し、 1556年からは石見国に侵攻するが、尼子晴久により何度も撤退。 1565年月山富田城攻めに参陣し、 翌1566年尼子氏を没落させる。
1569年に吉川元春は尼子勝久の再興軍を破ると、 同年大内輝弘の乱を鎮めて自害させる。 1571年に父が没すると、兄の子、毛利輝元を当主に就かせて補佐。 次第に織田信長との敵対が深まり、羽柴秀吉の軍を撃退。 1578年には播磨国上月城を攻撃し、 勝久ら再興軍を滅亡させるが、徐々に信長の勢力は増え、 豊後国の大友宗麟と結んで挟撃されるなど、劣勢になっていく。
毛利氏秀吉に従うようになると、 吉川元春は1582年、嫡男の元長に家督を譲り隠居するが、 秀吉の命で1586年九州征伐に従軍。 しかし吉川元春の身体は病に侵されており、豊前国小倉城二の丸にて没してしまう。
吉川元春は、1560年頃尼子氏との戦いの間に書写、 完成の「太平記」四十巻でも有名。

他の戦国武将歴史年表を探す

吉川元春 グッズ

吉川元春 グッズ

吉川元春