吉川経基

きっかわつねもと ( kikkawa-tsunemoto )
1428 〜 1520


吉川経基 年表



吉川経基。安芸国の国人。父は之経。 祖先は藤原鎌足までつながり、家格は毛利氏より高い。
知勇に優れ、文学にも精通する文武両道の武将で、幕府の要請で度々上洛。 1467年応仁の乱が起こると、 細川勝元の率いる東軍に属して各地を転戦。 畠山義就との戦いでは、劣勢の中で奮闘して勝利を収めるなど各地で戦功をあげ、 尼子経久の正室として娘を娶らせる。
数々の武功により石見国、安芸国などに所領を加増され、幕命により転戦。 赤松政則の要請により、播磨国に救援するなど、活躍しては地位を高め、 近隣の豪族たちと婚姻関係を結んで勢力基盤を築き、経基は「吉川氏中興の英主」と呼ばれる。
1509年に家督を譲り隠居する。

他の戦国武将歴史年表を探す

吉川経基 グッズ

吉川経基 グッズ

吉川経基