肝付兼護

きもつきかねもり ( kimotsuki-kanemori )
???? 〜 1600


肝付兼護 年表



肝付兼護。大隈国の生まれ。十九代目。兼続の末子。
兄の跡を継いだ兼亮が1573年島津方北郷時久との戦いで敗れ、大隈国の国人が相次いで離反。 国人らが島津氏に従い、勢力が衰退するも、 なおも島津氏に対抗しようとしたので、重臣や一族に追放され、当主となる。
島津氏に恭順の意を示すと、高山の地だけを与えられて全て没収。 1580年には高山も没収されて薩摩国に移されて島津氏の家臣となり、 1600年関ヶ原の戦いにて、 島津義弘に従い出陣するが、退却中に討死してしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

肝付兼護 グッズ

肝付兼護 グッズ

肝付兼護